国際的な視野から日本文学・日本語を学ぶ

日本文学専攻の特色

日本文学専攻では、「日本文学」「日本語」をグローバルな視点に立って研究することで、これからの時代にふさわしい人材を育てます。「創作・評論」「言語・文学」の2コースを設けていますが、学生が知的好奇心の赴くままに学べるよう、領域を超えたカリキュラムで構成。詩歌・小説・批評・文学・言語研究にとどまらず、その背景にある歴史・文化・思想なども広く学びます。




開かれた世界文学の中の「日本文学」を実現化し、
優れた人材の輩出を目指すコース制カリキュラム



「言語・文学コース」では、日本語のさまざまな状況と記紀・万葉の古代から近現代に至る日本文学の思想、表現のテクノロジーを学び、「創作・評論コース」では、文学の創造と批評のテクノロジーを日本のみならず、諸外国のさまざまな芸術、文学、批評の思想・表現を通して学び実践していくことを企図しています。この2つのコースは、文学における創造と研究の2つの側面がもつ強度を指標に境界を設けていますが、根底において両者は融合・交流しているのです。


日本文学専攻|言語・文学コース|創作・評論コース

カリキュラムでは、創造と研究の2つの側面をコースとして独立させると同時に、多様なプログラムを通して両者の融合と交流を図っています。両者は独自の領域を誇っていますが、学生が自分の希求・好尚に応じてさまざまなモティーフ、才能を開花させ発揮できるようにカリキュラムを動きのあるものにしています。日本文学専攻の「文芸」は、詩歌・小説・批評・文学・言語研究だけではなく、その中に織り込まれた歴史、文化、社会、思想、ジャーナリズムなどの意味を含んでいるからです。



コース紹介へ

ページトップへ

  • バックナンバー

トピックス

  • バックナンバー

イベント・公演・展覧会情報

願書・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせは
【近畿大学入学センター】まで

06-6730-1124